自分史を作るメリットは、

とてもさまざまですが、

大切な思い出の写真を、

のちのちまで残すのに役立つ、

ことは明記しておきたいところです。

 

というのも、最近のお仕事で、

古い写真がまったく見つからない・・・という

お客様がいらっしゃいました。

ところが幸いなことに、

かつてご本人が、ご両親のために作った

自分史の中に、貴重な写真がいくつも存在したのです。

おかげで、その自分史から写真をスキャンすることで、

新しいご本人の自分史にも活用することができました。

 

やはりバラバラの写真やアルバム、電子データの形では、

本当に大切な写真は意外となくしてしまうものです。

しかし、今回の例のように、

家族の集合写真などは、

自分史に載せておけば、

たとえ数十年経っても、

決してなくなることはなく、

すぐに見つけることができます。

 

やはり、きちんと「紙の本」という

形に残しておくことで、

「思い出」は後世まで残るのだなあ・・・

と実感しました。